シェットランドシープドッグ(シェルティー) 子犬販売


シェットランドシープドッグ子犬コリー子犬をブリーダーから販売!全国販売、生体保証付!
かわいい子犬屋さん:トップページ かわいい子犬屋さん:会社概要 かわいい子犬屋さん:通信販売規約 かわいい子犬屋さん:店長プロフィール かわいい子犬屋さん:取扱犬種一覧 かわいい子犬屋さん:サイトマップ
ごあいさつ
店長のわんわん日記


シェットランドシープドッグ子犬出産情報
シェットランドシープドッグについて
シェットランドシープドッグの歴史
シェットランドシープドッグの気をつけたい病気・症状
シェットランドシープドッグが吠えるのは・・・
シェットランドシープドッグ先輩飼い主さんアンケート
シェットランドシープドッグと遊ぼう
シェットランドシープドッグと遊ぼう02
シェットランドシープドッグと遊ぼう03
シェットランドシープドッグと遊ぼう04
シェットランドシープドッグと遊ぼう05
シェットランドシープドッグと遊ぼう06
シェットランドシープドッグと遊ぼう07
シェットランドシープドッグと遊ぼう08
シェットランドシープドッグと遊ぼう09
トップ > 取扱犬種一覧 > シェットランドシープドッグ(シェルティー)の毛色


シェットランドシープドッグ(シェルティー)の毛色



シェットランドシープドッグ(シェルティー)には、セーブル、トライ、ブルーマール、バイブラック、バイブルーの5色がスタンダードです。
しかし、その他、いろいろな毛色のシェットランドシープドッグ(シェルティー)がいます。
日本にはいないようですが、ブラック&タンの2色が外国ではいるそうです。

シェットランドシープドッグ セーブル
ピュアセーブル
ヘテロセーブル
シェットランドシープドッグ(シェルティ)
シェットランドシープドッグというとこの色を一番に浮かべるのではないでしょうか。
セーブルには細かく分けると2種類あります。
ピュアセーブルとヘテロセーブルです。

ピュアセーブルは、黒の遺伝子をもっていない純粋の茶色で、トライカラーと組み合わせても、セーブルしか生まれません。

ヘテロセーブルは、黒の遺伝子をもっているので成長するにつれて、背中などに黒い色が出てきます。
ヘテロセーブルと トライの組み合わせの場合、黒の遺伝子が重なった子犬は、トライとして生まれます。
また、ヘテロセーブル同士の組み合わせの場合も、トライが生まれます。

ピュアセーブルには、黒の遺伝子をもっていないのでトライと組み合わせても、セーブルしか生まれないのです。
シェットランドシープドッグ トライ
正式には、ブラック&ホワイト&タンといわれます。
様々な柄があり、タンの濃い色から薄い色まで、またブレーズ(顔の白い毛)のあるものやないもの、体の色の黒も様々です。

トライは、ブルーマールと掛け合わせてもよいといわれている唯一の色です。
また、ピュアセーブル同士の掛け合わせによる退色を防ぐためにトライを入れます。
シェットランドシープドッグ ブルーマール
体に黒い毛が多いブルーマール
体に黒い毛が少なめのブルーマール
正式には、ブルーマール&ホワイト&タンといわれます。
ブルーマールはマールの遺伝子により出る色で、両目がブルー、ダークな茶色、片目ずつがブルーとこげ茶色、ダークな茶色のなかにブルーの色がちりばめられているものなどがあります。
ブルーも、濃い色から明るい色まで様々で、両目がブルーなのは、稀です。
成犬になるとブルーの部分が黒っぽく濃くなっていきます。また、子犬の頃に比べて成長していくとブレーズが細くなっていきます。
シェットランドシープドッグ バイブルー
体に黒い毛が多いバイブルー
体に黒い毛が少なめのバイブルー
バイブルーはタンの色がでてこないブルーマールになります。バイブルーはブルーマール&ホワイトともいわれています。
バイという毛色はタンの色を発色させる遺伝子を持っていません。

バイブルーの場合は、マールの遺伝子を持っているため、ブルーマールとの交配、バイブルー同士の交配は、避けるべき組み合わせといわれています。
とても希少の毛色です。
シェットランドシープドッグ バイブラック
シェットランドシープドッグ(シェルティ)
バイブラックは、タンがないことをいいます。

タンを発色させる遺伝子を持っていません。
バイ遺伝子は、シェルティでは劣性のため、2つの遺伝子がないと現れません。
一般的に、バイ遺伝子を持っていると、成長につれて、鼻筋や手足などにバイ特有の斑点が現れてきます。
シェットランドシープドッグ ダブルマール
シェットランドシープドッグ(シェルティ)
ダブルマールといいます。
セーブルマール同士、ブルーマール同士、ブルーマールとセーブルマールの組み合わせ、ブルーマールとバイブルーの組み合わせによって、生まれてくる体の部分がほとんど白いシェルティーのことをいいます。
ダブルマールは、致死遺伝というものをもって生まれてくるため、死亡率も高く、死産する場合も多いといわれています。生存しても、生存率も低いようです。

ダブルマールの多くは、耳が聞こえなかったり、かなりの難聴になる場合があります。
そして、眼球がなかったり、眼球がかなり小さかったり、盲目の場合や、心臓奇形を持っているといわれています。


▲このページのトップへ戻る
▲かわいい子犬屋さんのトップページへ戻る
会社概要通信販売規約プライバシーポリシー店長のわんわん日記店長プロフィール取扱犬種一覧サイトマップ
当サイト内の掲載写真を含むすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます