子犬販売 飼い主様との出会い:かわいい子犬屋さん


シェットランドシープドッグの子犬、コリーの子犬販売
かわいい子犬屋さん:トップページ かわいい子犬屋さん:会社概要 かわいい子犬屋さん:通信販売規約 かわいい子犬屋さん:店長プロフィール かわいい子犬屋さん:取扱犬種一覧 かわいい子犬屋さん:サイトマップ
ごあいさつ

トップ > お役立ち情報 > 飼い主様との出会い【子犬の旅立ち−空輸と陸送について】

飼い主様との出会い【子犬の旅立ち-空輸と陸送について】


ワンちゃんの初めての旅行は、空輸または陸送となります。



この決定に当たっては、狭い籠に入れられている時間はどっちが短いか、距離は、温度はなどから決定します。


空輸の場合、飛行機の飛んでいる時間が日本全国ほとんど1時間程度ですね。
時間的には陸送に比べて負担が少なく済むはずです。


一方陸送は、コスト的に安価で全国対応していただける運送会社が「西濃運輸」に限られています。お客様のご住所に近い運送会社の営業所留めとなります。距離や交通事情によっても異なりますが真夜中から明け方に到着するのが一般的です。到着したら連絡をもらうよう事前に依頼(伝票No.を伝えておく)しておく方が良いでしょう。いずれにしても飛行機に比べ長い時間が掛かりますね。


航空会社は全日空(ANA)、または日本航空(JAL系)となります。
子犬は空港の貨物ターミナルへ届けられますが、心配しないでください。

飛行機の貨物室は、客室と同じ20〜25度に維持されています。
快適な旅となるでしょう。一方陸送の場合は、夏場の暑い時や冬場の寒い時は色々配慮して送犬するようブリーダーに依頼しておかねばなりません。例えばホッカイロやドライアイスを利用し、温度調節の工夫などです。


空輸の場合で直行便が飛んでない時は、乗り継ぎ便を利用することもあります。
乗り継ぎ時間は2時間以上を空けないとなりません。総時間を陸送と比較して決定します。
なおこの場合でも、運送費は変わりません。


空港での子犬受け取り方法も確認してくださいね!



わからないこと、詳しく知りたいことがありましたら、直接空港の貨物センターお問合せすると教えてくれますよ。

全日空(ANA)

日本航空(JAL系)

▲このページのトップへ戻る
▲かわいい子犬屋さんのトップページへ戻る
会社概要通信販売規約プライバシーポリシー店長のわんわん日記店長プロフィール取扱犬種一覧サイトマップ