【子犬販売】トラブル事例(事例3〜4):かわいい子犬屋さん


シェットランドシープドッグの子犬、コリーの子犬販売
かわいい子犬屋さん:トップページ かわいい子犬屋さん:会社概要 かわいい子犬屋さん:通信販売規約 かわいい子犬屋さん:店長プロフィール かわいい子犬屋さん:取扱犬種一覧 かわいい子犬屋さん:サイトマップ
ごあいさつ

トップ > お役立ち情報 > トラブル事例(事例3〜4)

トラブル事例 (事例3〜4)


事例3 悪質ペットショップ
実は、○○でとても悪質なペットショップがあるのです。
そこは、売っている犬にワクチン接種を一切していません。
打っていないから、「打ってください」と言う指導もなく、私の友達が買った犬がパルボで死にました。
その件でペットショップと話し合いをしても、「ワクチンは当てにならない」とか、「代わりの犬を差し上げます」という答えしか返ってきません。
同じ時期に売られていた子犬、四匹も偶然、同じ獣医に掛かっており、四匹全部がパルボと診断されています。
これは、一種の動物虐待ではないでしょうか。どうしても子犬達のために、何とかしてあげたいのですが。

〈考察〉
●このペットショップを悪質と決め付けるのはチョット早計と考えます。
ペットショップの立場からの犬猫の仕入先は、オークション市場から仕入れる方法とブリーダーから直接仕入れる方法があります。
前者の場合は、その市場で一頭でも伝染病に感染している犬がおったとしたら判らないまま、その犬から感染している可能性があるのに仕入れてしまい、そこから在庫している犬に全て感染してしまい、全滅になることもあります。
伝染病の潜伏期間は7日〜14日ほどですから、すぐには症状に出ません。知らないで仕入て販売したり、お客様に届いてから発症することもあります。

●ゆえに欧米では法律で、在庫を抱えての展示販売が禁止されています。
在庫している犬猫全てが、死に至るケースを防止する為です。
その予防として、ワクチンがある訳ですが、この接種時期が犬猫の個体差があるために統一できません。
一般的には60日目と90日目の2回打って、免疫力を付ける訳ですね。

●例えば50日目で買われるとしたら、その前に打ってもワクチンが効いていないこともまま発生します。
これは親からの移行抗体がある為です。
これが抜けた時に打つべきなのですが、それがいつなのか個体差があり特定できないのが難しい点です。
従って50日目で買われるとしたら、効いていたら儲け者の気持ちからパルボとジステンの2種混合ワクチンを打つ場合もあります。
その後にお客様に届いてから、60日目や90日目に打っていただくという方法です。

●理想は90日目のワクチンが済んでから販売する方法です。
しかし、子犬の一番可愛い時期が45日と言われていますし、狭い日本の土地事情から90日目までブリーダーが保管するとなればスペースの問題も出てくるでしょう。
これが難しいのです。

●従ってジャペットグループでは、出産情報をブリーダーが登録して1頭単位でお客様に販売する方法をとっています。
オークションのように他の犬に接触する機会がないですから伝染病の可能性も低くなります。
しかし、そのブリーダーの1頭の犬が感染していたら、当然他の兄弟も全滅になります。
これではブリーダーとしてやって行けませんから、こんなことにならないよう努力するのが普通です。
色々なブリーダーの犬が集まるオークションは確率的に伝染病の発生率が高いと言うことになります。

●このペットショップが、代犬などの補償に応じているとしたら決して悪質とは言えない気がします。




事例4 悪徳ブリーダー
私が、悪徳なブリーダーさんに出会ってしまったので、この先同じ目に会う方が少なくなればと思い、書かせていただきました。
昨年あるブリーダーから仲介業者さんを通してラサアプソと言う犬の男の子を1匹購入しました。
この、仲介業者さんからはその前にもお願いして、犬を購入していたので、何もかも任せっきりでした。
そして我が家に到着したのですが、前に来た子の方が明らかに丸々としていて元気だったのに、この子は、とっても小さくて、そんなに元気ではありませんでした。

この子は生後37日目でした。
到着してから、この子に言われた通りのご飯をあげても、口にしませんでした。
きっと環境が違うから、まだ食べられないのだと思いそっとしていました。
次の日もあまり食べてくれませんし、便もユルユルでした。仲介業者さんに連絡をとって、全然食べてくれない、本当にブリーダーの家ではご飯を食べていたのかどうかを聞いてもらいました。

結果はとっても元気でご飯も食べていました。と言われました。
来てから5日程して、咳もし出しました。
私はビックリして、すぐ病院に連れて行きました。
すると、 パルボの疑いがある、 と言われパルボの検査をして貰いましたが、陰性でした。
糞便検査も寄生虫の発見はされませんでしたが、耳ダニがいました。
とりあえず、病院の療養用缶詰で様子を伺うことになりました。それでも全然ご飯を食べてくれません。
少しずつ注射器に缶詰を詰め、口の中に流し込んで舐めさせ、お腹の中に入れさせました。
しばらくして、咳と肺からはグシュグシュする音までもが聞こえてきました。
病院に行くと、ジステンバーの疑いがある、 すぐに母犬の元に戻し、母乳でも飲まないと命が危ないと言われました。
と言っても、ブリーダーは九州、ここは京都。戻すとなると飛行機は体力が持たないので、車で行ってください、と言われ、とりあえず仲介業者に連絡するので皮下輸液・栄養注射をしてもらい、一度自宅に連れて帰りました。
仲介業者と連絡は取ったものの回答がなかなかなく、子犬の状態が悪くなっていく一方なので、次の日、即入院させました。
ここには書き尽くせないほど色々手を尽くしてもらいましたが、 入院3日で亡くなってしまいました。原因はジステンバーでした。
生前に行っていたジステンバー検査でウイルスが検出されました。 この結果を仲介業者さんを通して、ブリーダーに伝えてくださいとお願いした所、 うちは、ジステンバーのウイルスはない、空輸中に感染した。もしくは、飼い主の家で感染した。うちは関係ない。 と言われました。
とにかく、こちらで確認したいので、遺体を送ってくれと言われました。
関係がないと言っているのに、遺体を送るとこちらには何も残りませんよね。ブリーダーにはお金は入る、遺体もある。
そんなこと納得できないので遺体は送れません、と言いその代わり死亡診断書・ジステンバー検査結果報告書を送付しました。
その後、生後37日で送ったのは飼い主が、早く欲しがっていたから、健康診断で状態は良かったから、と言われましたが、私はそんなに生後間もない子をこんなに早く送って貰う事を望んでいるなど、一度も口にしたことはありませんし、仲介業者さんも言っておられませんでした。
どうやら、ブリーダーと仲介業者さんの間に2〜3人の方が入っておられたようです。まるで、伝言ゲームのように、間違った情報が届いていたようです。 それに、専門のブリーダーなら、生後37日のワクチンなしで空輸すると、伝染病に感染する恐れがあると知っているのなら、そのことを飼い主に伝えるべきではないのでしょうか?
それから、健康診断をされた獣医さんに問い合わせると、体温測定、胸の音を聞くような簡単な健康診断。血液検査もしていないし、ましてやジステンバーの検査もしていない。それだけでは、ジステンバーに感染していたかどうかは判断できない。と言われました。
と言うことは、 健康診断だけでは、ジステンバーに感染していた可能性は有るとも無いとも言えないですよね。 そして、仲介業者さんとブリーダーの話し合いの結果、今いる子犬40頭分のジステンバー検査を出してもらうこと、代替犬を半金で分けて頂くと言うことで合意したのですが、その後、全くブリーダーとの連絡が途絶えてしまいました。そんな誠意のないブリーダーは、繁殖の停止、全額返金、治療費の請求をしたいぐらいです。
ちなみに、その子が亡くなってすぐにうちの犬はジステンバー検査を2回して貰いましたが、陰性でした。しかし、最近調子が悪かったので病院に連れて行くと、ジステンバーの抗体検査の結果、抗体値が低すぎで陰性とはいえ、 その子からジステンバーに感染した疑いがあると言われました。
あんなに隔離していたのに、空気感染してしまった様です。今は、安定してきましたが、これからてんかん等の症状がでる可能性があると言われました。
このことは、こちらの管理不足なので仕方がありませんが、あの子さえジステンバーでなければ、こんなこともなかったのに、と思ってしまいます。どうか、このブリーダーさんを取り締まる方法があれば教えて頂きたいです。
〈考察〉
●このブリーダーは、かなり悪質であると思います。
まず、弊社での販売と比較しますと、生後37日では親から離しての販売は、まず考えられません。
これは、ワクチンプログラム(パルボ、ジステンバー等)の面から考えてもそうなのですが、この期間は何よりも大切な社会化時期であるからです。 親犬や、兄弟犬との喧嘩や遊びは絶対に必要です。
心身ともに健全な犬の販売を考えた時には、最低でも生後50日から60日前後以降でないと、いけません。ブリーダーの中には、3ヶ月は子犬を渡さないとされているところもあるくらいです。
この点から見ると、このブリーダーは病気を知っていたので、早く処分したかったのかも知れません。
仮に弊社が仲介していたら、知っていたら絶対販売しない。事後ならお客様に補償、そしてブリーダーに連絡して仕入代金の返金要求、それに応じないならブラックリスト掲載、取引停止となるでしょう。もちろん告訴も辞しません。
もう、すでに仲介業者、ブリーダーとのお話し合いは終わっているようですが、場合によっては、告訴に踏み切る等、断固たる手段を講じる手もあります。この辺は、弁護士に相談されると良いと思います。 一方、お客様ももう少ししっかりしていただきたいと思っています。 高いお金を出して命を買うのです。万一の補償はどうなっているのか確認しておくべきでしょう。
いずれにしましても、悪徳ブリーダーを排除して行く動きは、今後も取り続けて行かなければなりません。
弊社でできることから、一歩ずつ浄化したいと常に考えています。



トラブル事例 (事例1〜2)

トラブル事例 (事例5〜6)
▲このページのトップへ戻る
▲かわいい子犬屋さんのトップページへ戻る
会社概要通信販売規約プライバシーポリシー店長のわんわん日記店長プロフィール取扱犬種一覧サイトマップ