子犬販売 空港での子犬受け取り方法


シェットランドシープドッグの子犬、コリーの子犬販売
かわいい子犬屋さん:トップページ かわいい子犬屋さん:会社概要 かわいい子犬屋さん:通信販売規約 かわいい子犬屋さん:店長プロフィール かわいい子犬屋さん:取扱犬種一覧 かわいい子犬屋さん:サイトマップ
ごあいさつ

トップ > お役立ち情報 > 空港での子犬受け取り方法

空港での子犬受け取り方法



空輸の場合、子犬は貨物として運ばれますので、貨物同様、一般の旅客ターミナルではなく貨物専用のターミナルでの受け取りとなります。
(場所は、各航空会社にお問い合わせください)

貨物地区のゲートがあるので、そこで免許証など身分証明のわかるものをみせて手続きをします。(以下の写真は、羽田空港貨物地区)

受付後、ANA・JALなど各航空会社に営業所のところまで、移動します。


受け取りの場所で、子犬が到着するのを待ちましょう!
(飛行機到着後、20分から1時間程度かかります)


子犬が到着したら、受け取りの手続きをします。


子犬は、バスケットやバリケンなどに入ってきます。
狭くてかわいそうと思うかもしれませんが、本来犬は、狭い場所は安心するのです。
また、子犬が立てるほどの大きいバスケットだと、移動中立ってしまい揺れで怪我をする場合があります。また、揺れなどで酔ってしまうので、ぴったりくらいの大きさのバスケットで輸送します。


子犬を受け取りましたら、バスケットをあけて子犬の様子を確認してください。

多くの場合、子犬は、酔い止め防止の為に、食事、飲み水の制限して空輸します。



※子犬を受け取る際、飲料水の他、ケージの中が汚れている場合を考慮して、ペットシートや新聞紙、タオルなどをご用意いただくとよいかと思います。



子犬確認後、店長の携帯まで受け取りの電話をお願いします。
▲このページのトップへ戻る
▲かわいい子犬屋さんのトップページへ戻る
会社概要通信販売規約プライバシーポリシー店長のわんわん日記店長プロフィール取扱犬種一覧サイトマップ